事件

【長岡京市】釣竿改造して下着泥棒!今日はあんまり釣れへんかったわ〜 ぐらいの感覚?《下着泥棒の心理学》

ゆびきた通信です!

京都府長岡京市で、女性の下着を盗んだとして男が逮捕――のニュース!犯行には、先端を改造した約6メートルの釣り竿を使用していたとのこと。
逮捕されたのは自称・左官業の岡林弘憲、63歳とのことです。

けっこう、すごいです(;’∀’)

※TOP画像は部屋から出てきた女性の下着200枚!ヤバいです^^;

事件の概要

事件について、ABCニュースが報道しました。

あ然・・・6mの改造釣り竿で下着泥棒 逮捕の男の自宅から200点以上の下着
6/5(金) 19:07 ABCニュース

…………自称・左官業の岡林弘憲容疑者(63)は先月26日の早朝、長岡京市の集合住宅2階のベランダに干されていた下着1点を盗んだ疑いがもたれています。

警察によりますと、付近の防犯カメラに釣り竿で下着を引っかける様子が映っていたということです。釣り竿は約6メートルに伸びる磯釣り用の物で先端が改造され、フックになっていました。岡林容疑者は容疑を認めているということです。警察は岡林容疑者の自宅から200点以上の下着などを押収していて、余罪についても調べています。

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/8b526f826c226de87824aa5be721e06b54cc660b

さすが職人さんだけあって、手先が器用なんですね。
そして道具の使い方が、おっそろしく巧(たくみ)!!

 

その釣竿を改造した、下着盗み装置、、その画像みて、ちょっと感動しました。
こんな、名も知れない、世の中の光も当たらない世界に、たいへんな達人が潜んでいるものだと……。

で、警察に並べられたその下着の数……、200点余り、と。

63歳ですよね、、?
お元気なんでしょうか、、、??(;’∀’)

ネット&SNSの反応

これを並べる警察の会話が聞きたい

今日はあんまり釣れへんかったわ〜 ぐらいの感覚でやってたんやろか。

(・o・)

殺人罪で名前が出るより、これで名前が出る方が俺は嫌だ。

パンツ職人だな

引用 Yahoo!news SNSから編集

下着泥棒の心理とは(専門医)

※少し前の、同種の事件に際して、紹介した専門医の見解ですが、今回の事件でも同様に参考になると思われますので、再掲載します。(ゆびきたの見解も再掲載となります)

※※※

ことし2020年5月に、名古屋市でも女性の下着700枚を盗んだとして(今回の4分の1です!)、50代の男が逮捕されました。その時に、東スポに精神科医、依存症専門医の榎本クリニック、山下悠毅院長に取材した記事がありました。

謹んで、一部引用します。…長い引用ですが、元記事はさらに、めちゃ長いンです。改行、太字はゆびきたです。

豊島区にある依存症専門医(ギャンブル依存症、セックスなど性依存症、薬物依存症)である榎本クリニックの山下悠毅院長は「(脳内で依存症の原因物質である)ドーパミンはそれだけでなく、自分の中で価値があると感じたものを得た時や、自分にしかできないであろう、と感じることをやった際にも出るのです。これがギャンブル依存症や、痴漢、盗撮、下着泥棒の病気の原因となるのです」と指摘する。山下院長は日々、依存症患者の治療にあたっている。

「下着泥棒の方を治療していると、たまたま干してあった下着を何の気なしに取ってみた、もしくはお金を盗み入ったところ下着もあったので取ってみたのが最初というケースが多いのです。しかし一度成功したが最後、それが深層心理において価値があることだったら、もうお金よりも何よりも下着を取ることに魅せられてしまうのです」

では、なぜ下着泥棒は大量の下着を盗み続けるのか。「それは、このドーパミンを出す神経細胞が、刺激に対し反応が鈍くなっていくから。私はこれをドーパミン分泌細胞の不感症と呼んでいるのですが、同じ量のドーパミンを出すためにはより強い刺激や頻度が必要となっていくということです」

山下院長は続ける。「これを下着泥棒に当てはめるなら、手が届くところの下着から始まり、電柱に登らないと取れない下着、高層階のベランダの下着とエスカレートし、どんどん命がけの作業になっていくのです」

しかし、盗めば“幸せ”になるかと思いきや、いくら盗んでも際限がない。

山下院長は「なぜかというと、彼らは“下着を取る”というプロセスに依存しているからです。だから、彼らの多くは盗んだ下着で性処理を行いません。そして、盗めば盗むほどドーパミンは出にくくなり、完全なあり地獄状態となるのです。だから下着泥棒は捕まるまでやり続けてしまうのです」。

あくまでも取ることに価値があるだけで、下着自体にはさして興味を感じないため、「下着泥棒の“戦利品”は際限なく押し入れにたまっていくのです」(同)。

下着泥棒は何のために盗むのか。答えは「盗むために盗む」のだ。

引用 https://www.tokyo-sports.co.jp/social/685710/

はあん……、、ちと難しい説明でした(;’∀’)
要するにですね、下着泥棒って、下着を盗むことそれ自体が目的化してしまい、、それをより多く、より頻繁に、より危険を冒して行わないと、その人の脳が満足できなくなってしまう、と、、そんな意味のご説明です。

それで、、「盗めば盗むほどドーパミンは出にくくなり、完全なあり地獄状態となるのです。だから下着泥棒は捕まるまでやり続けてしまうのです」、、となってしまうというのです、山下先生は。

なあるほど、、、この容疑者も、、あり地獄、、だんたんですね、、。

なんか、、ちょこっと、かわいそうに思えてきてしまったんですけど、情けかけるなんて、、ダメですよね(;’∀’)