事故

大阪市東住吉区で死亡事故!井上巳津男を逮捕!歩行者の過失は?経営する介護施設は?

ゆびきた通信です!

きのう5月23日午後3時ごろ、大阪市東住吉区の路上で軽自動車が道路を横断中の歩行者をはねる事故があり、歩いていた76歳の男性が死亡――とのニュース。車を運転していた井上巳津男、67歳が過失運転致傷の現行犯で逮捕された、とのことです。

ただ……、死亡事故とはいえ、運転者を一方的に攻めてよいのか、現場は微妙です。井上容疑者は介護施設の経営者であり、勤務中に起こした事故となりました。

事故について、

この事故について、関西テレビが報道しました。

介護施設の経営者が勤務中に歩行者はねる 76歳の男性が死亡
5/24(日) 3:10 関西テレビ

大阪市東住吉区の路上で軽自動車が道路を横断中の歩行者をはねる事故があり、歩いていた76歳の男性が死亡しました。

午後3時ごろ、大阪市東住吉区鷹合で、中央分離帯を越えて道路を渡ってきた男性を軽自動車がはねました。

警察によると横断していた男性は山口靖男さん(76)で、全身を強く打ち、病院で死亡が確認されました。警察は、車を運転していた井上巳津男容疑者(67)を過失運転致傷の現行犯で逮捕しています。

井上容疑者は介護施設を経営し、事故当時は勤務中でしたが、同乗者はいなかったということです。警察の調べに対し、井上容疑者は容疑を認めていて、警察は容疑を過失運転致死に切り替え捜査する方針です。

引用 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200524-03103604-kantelev-l27.view-000

はねられた男性……、中央分離帯を越えて、反対側車線に出たところで、井上巳津男、67歳の運転する軽自動車にはねられてしまいました。……でも、記事からすると、その場所は信号もなく、横断歩道でもなかったようです。

そこを、どのようにしてか、詳細は不明ですが、ひらたく言えばはねられた男性、山口靖男さん、76歳が無理に横断してきた、というこtではないでしょうか?

前方不注意とされるのはやむを得ないことですし、被害者がお亡くなりになった以上、責任も問われることでしょう。

ただ、運転者に一方的な過失があったとは考えにくい、現場の状況です。

井上容疑者は介護施設の経営者とのこと。……経営している介護施設も、思わぬ出来事に対応が大変でしょうに。

任意保険なども加入していると思われますし、事故が勤務中であったことを考えれば、おそらくは車両は自家用車ではないかもしれません。
保険会社に処理、補償の交渉をお願いし、示談できるケースのように思いますが…。

※井上巳津男容疑者の経営する介護施設ですが、それがどこか、不思議なことにも特定できません。皆さまの関心事の一つとも思いますので、施設の所在地が大阪市でない可能性も含めて、調査は継続します。新たな情報がもたらされた場合、追記します。

<現場周辺地図>

ネットの意見

●中央分離帯を越えて道路を横断。・・・こういう案件なんとかして貰いたい。歩行者優先にもほどがある渡り方の案件が多い。

●中央分離帯を越えて??東南アジアやインドじゃないんだから、歩行者も、そんな道路の渡り方したらダメだろ。車もマナー悪いのは多いけど、歩行者もマナーを守ってもらいたい。車と歩行者の事故では、絶対に車の方が悪くなってしまうんだから…

●歩行者は逮捕されないけど、ドライバーは逮捕されるんだよ。それを理解して欲しい。
既に赤信号に変わってるのに、走って横断しようとするのもやめて欲しい。特に駅に近い横断歩道にやたらと多い。

●詳細が判らないから何とも言えないけど、中央分離帯から突然人が飛び出して来たら普通の感覚では避け様が無い。運転者側に充分な距離が有ったにも関わらずブレーキ操作が行われて居ない等の重過失(前方不注意)でも無ければ罪に問う方が理不尽な気がする。

●一応法定速度を守ってしっかり前を見てれば飛び出し事故もブレーキ踏んで防げる、ことになってますけど…。絶対そんなことないと思う…。

●>>中央分離帯を越えて道路を渡ってきた男性……横断歩道でないのなら逮捕された方にも同情してしまう。

●横断歩道をちゃんとわたらないという明らかな歩行者の過失があるなら、無罪にできないなら、せめて書類送検くらいでいいわ。

ひとこと

何人も人をひき殺しておいて、逮捕されないケースもあるなかで、、、なにか理不尽にも感じてしまいますね。
運転者が責任を問われるのはやむを得ないとしても、今回のような場合、逮捕されなければならなかったのでしょうか?

任意で事情聴取し、処置決定。送検、起訴するとしても在宅起訴で十分のように思いました(;’∀’)