火事

【ゆびきた】五條市火事 寺西孝行さんは遺書を残していた!無理心中の悲しみ…5人家族の笑い声、戻らず。

ゆびきた通信です!

20日午前に、奈良県五條市で起きた火災――、一家5人が亡くなりました。
その火事、無理心中だったようです。焼け跡の1階から遺書が見つかりました。
この家族に、いったい何があったのでしょう?

亡くなったのは奈良県五條市住川町の介護施設職員、寺西孝行さん(32)、同妻(33)、そして2歳、6歳、8歳の男の子ばかりの3人兄弟……。

寺西さんのFacebookが残っています。
幸せそうにしか見えない、5人の家族……、その家族のどこに、幼い子供たちまで道連れにしての死を選ぶ必要があったというのでしょうか……。

追記!……警察は5月27日、焼け跡から見つかった5人の遺体が、この家に住む介護施設職員の寺西孝行さん(32)、妻の聖子さん(33)、長男の翔君(8)、次男の泰良君(6)、三男の礼汰ちゃん(2)――であったと発表しました。5人は2階の同じ部屋で見つかりました。わかっていたことですが、身元確認を終えての発表となりました。痛ましい火事でした。改めてご冥福をお祈りします。<28日17:28>

【ゆびきた】寺西孝行さんのFacebook、発見!…幸せそうな家族の姿に涙、涙、涙。ゆびきた通信です! 奈良県五條市で起きた住宅火災、第3報となります! 焼けた家は寺西孝行さん、32歳の自宅でした。そして、妻33...

報道、遺書の発見を伝える。

いくつかのメディアが、焼け跡から遺書らしきもの…、とは報道の書き方で、遺書そのものでしょうけれど、それが見つかったこと、伝えています。
そのひとつをお借りします。

5人死亡住宅火災 焼け跡に遺書のようなもの 奈良 五條
2020年5月20日 18時36分 NHK

20日午前、奈良県五條市の住宅の2階部分が焼け家族5人とみられる遺体が見つかった火事で、焼け跡から遺書のようなものが見つかったことが捜査関係者への取材でわかりました。警察は火事の状況をさらに詳しく調べています。

20日午前10時すぎ、奈良県五條市住川町の介護施設職員、寺西孝行さん(32)の住宅から煙が上がっているのを近くの住民が見つけ、消防に通報しました。

消防車など7台が出て火はおよそ2時間後に消し止められましたが、木造2階建ての住宅の2階部分が焼け、5人の遺体が同じ部屋から見つかりました。

警察は亡くなったのは連絡が取れなくなっている寺西さん夫婦と2歳、6歳、8歳の男の子の兄弟3人とみて確認を進めています。……後略…………。

この火事で焼け跡から遺書のようなものが見つかったことが捜査関係者への取材でわかりました。

これまでの調べで、寺西さんは親族に、私的な用事で20日の仕事を休むと話していて、出火当時、玄関や窓は施錠されていたということです。

5人のうち2人は2段ベッドの付近で、3人は床の上で見つかっていて、警察は火事の状況をさらに詳しく調べています。

寺西孝行さんは福祉施設の職員だった。
社会福祉法人三寿会……、奈良県五條市にあり、身障者施設、高齢者施設など複数を経営している。
寺西さんは今年の4月に、そのひとつの施設で責任者に抜擢されたばかりだったという。
勤め先で、何か異変があったかどうか、それは伝わっていない。
上司の方は、それらしいことに思い当たりがないと、取材に答えている。

やりがいのありそうな仕事……。仲間に囲まれて働く姿、Facebookにその写真がある。そう……、寺西さんのFacebook、残っている。……いまも見ること、できる。

家族、子ども、友人……。ああ、この人が寺西さんなのか、、とわかる写真もある。
子供たちと一緒の写真、たくさんある。
仲間と一緒の写真も、いっぱいある。

そんな彼が、妻と3人の子供を道連れにして、どうして、なぜ、死を選んでしまったのか?

遺体は5人とも2階だった。
2人は並んで2段ベッドの近く。3人は床の上に……。
先に子供たちの命を絶ち、自分たちが後を追ったのだろうか……。

近所の人が焦げ臭いにおいと白煙に気付き、119番。
玄関に駆けつけて、必死でドアを叩いたとのこと……。
車が2台ともある、だから人が、みんな中にいる、、その人、そう思って……必死でドアを叩いた、叫んだ。
寺西さんッ、寺西さんッ!いるのッ?中にいるのッ?
逃げなさい、火事だよ!火事だよ!早く逃げなさい、早く、早く……!

でも玄関、、鍵がかかっていて、叩いても揺すっても、開かなかった。
そして、、応答もなかった。
白煙が家を包みはじめ、火が屋根から吹き出てしまった。

※ひとつ前の記事で寺西さんのFacebookを紹介しています。お時間があれば、あわせてぽ読みいただければと思います。
※現場の描写は報道をもとに再構成しています。一部推定推理を含みます。

ネットの声…真面目そうな若者なのに。

■若い夫婦。子供も小さい。まだまだ可愛い盛りの子供3人をどんな思いで連れて行ったんだろう。仕事もあって家もあって、仲の良い家族に死を選択しなきゃいけない、どんな理由があったんだろう。どんな理由があったのかわからないけど、今が苦しくても力合わせて乗り越えれば、必ず未来は来るのに。

■子どもたちが苦しまずに死ねたのかなと気になります。苦しんだり怖い思いして…とかだけは嫌だ、どうかせめて楽に…と思う…そしてこの先どうやって生きていけば…と思っても
子供道連れにして絶対に死なないでほしい。

■子供を授かり誕生を喜んだ日はそう遠くない過去なのに、立ち返り思い止まる余地もなかったのかな。いづれ子供は成長する。そこに思いを馳せる事もなかったのかな。辛い知らせ。やりきれない気持ちになる。

■一家心中が全国であちこち増えてきた。しかも、まだ働ける世代の親が一緒に子供を連れて行ってしまう・・。遺書を残したのは事情があって解決できないと判断したのかな。

■苦しくても生きるべきとは言えないわ、私には。だって人の気持ちなんて正直わからないもの。苦しくても生きるべきとか言う人いるけど、言うのは簡単よね。私はその人の本当の苦しみわからないから何も言えないわね。家族の気持ちだってわからないんだから。

■このお父さん、まだ高校か大学生みたいな見た目の本当に若者だよ。子供可愛いがってる優しい今時の青年だよ。こんな青年に施設長なんかさせちゃダメだよ。利用者や家族は色々要望を言うし、職員も休みを取りたいとか待遇について言うもんだよ。介護施設って大変な上にコロナ騒ぎでピリピリしてるよ。優しくて年若い男性なんか言われ放題になっちゃうよ。オペレーション管理丸投げされて、施設長だからしっかりやってくれってプレッシャーかけられて、子供たちも育てなきゃいけなくて、夢や希望より責任が大きすぎて、疲れ切っちゃったんじゃないかな。真面目な人だったんだよ。真面目な優しい若者を施設長なんかの重責につけちゃダメだよ

■どんな理由でも、子供の命を絶つ権利は親には無いんだよね。親が人生に絶望しても、子供には未来があるんだから。周りに延焼しないように配慮する考えが出来たなら、まず子供の命を守って欲しかったし、他の生きる道も見つけられたと思う。

ひとこと

苦しくとも生きるべきとは言えない……との意見がありました。
そうかもしれません、そのとおりかもしれません。

でも、ゆびきたは生きてほしかった。
死んじゃだめだと、ぜったいに言ってあげたかった。

ご冥福をお祈りしたいと思います。

【ゆびきた】寺西孝行さんのFacebook、発見!…幸せそうな家族の姿に涙、涙、涙。ゆびきた通信です! 奈良県五條市で起きた住宅火災、第3報となります! 焼けた家は寺西孝行さん、32歳の自宅でした。そして、妻33...