殺人事件

【ゆびきた】長泉町で義母殺害、嫁の諏訪部麻衣を逮捕!…ネット 嫁の気持ちわかる、の声も。

ゆびきた通信です!

今日5月20日に、今年3月に静岡県長泉町で、当時69歳の諏訪部則子さんが殺害された事件で、同居する31歳の義理の娘、諏訪部麻衣容疑者、31歳が逮捕された――とのニュース!

事件発生後に通報したのは諏訪部容疑者でした!
第1通報者が容疑者として逮捕されたのです。

この事件、追いかけてみます。

※トップの顔画像は被害者の諏訪部則子さんです。
※容疑者のFacebook、その他SNS、顔画像の調査状況についても報告します。

追記!……容疑者の顔画像、事件データに追記掲載しました。21日21:20

追記!……容疑者は警察の取り調べに容疑を否認したまま、22日朝に送検された。今後は検察庁で取り調べが本格化するもよう。22日15:32

事件の概要…犯人逃亡に騒然としたが。

この事件について、静岡朝日テレビが報道しています。

静岡・長泉町の女性殺人事件 同居の義理の娘を逮捕
5/20(水) 11:21 静岡朝日テレビ

…………今年3月、長泉町下土狩の住宅で当時69歳の女性が、玄関付近で胸や腹などを複数カ所刺され、死亡しました。警察はきょう、女性と同居する31歳の義理の娘を殺人容疑で逮捕しました。
警察は容疑者が容疑を認めているかどうか明らかにしていません。事件当時、容疑者は警察の調べに対して、母親が玄関で何者かともみ合っている姿を見て119番通報したと話していました。玄関付近からは血の付いた刃物が見つかっていて、警察は詳しい動機を……後略……。

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/a840d7bd8cdceedfc05c26c192eff2049679af89

長泉町、人口4万3000人余り、静岡県東部、三島市と沼津市とに挟まれた、中くらいの都市。近年、工場が増え、それに伴って住宅が急に増えたが、これと言って事件のないまち……と、そんな印象だった。

今年3月10日の夜、時間は7時過ぎ、、、そのふつうな日常を揺るがす事件が起きた。
住宅街の一角での殺人事件だった。

殺されたのは諏訪部則子さん、69歳。
明るく、気さくで、交友関係も広く、周囲から慕われる存在だった。
事件が起きた、その家には則子さんと息子夫婦の3人が住んでいた。

事件は、2階にいた義理の娘が1階での物音に気付いて降りてみると、則子さんが男ともみ合いの末に刺され、男は逃走した――として始まった。
第一通報者は義理の娘、嫁の諏訪部麻衣、31歳、自分で110番した。

その夜から警察は非常配備態勢を敷き、まちを多数のパトカーが走った。
開けて現場検証が始まり、上空を取材ヘリが飛び交った。

しかし、通報者の嫁には不審な点があった。
警察の事情聴取にもはっきりしないところがあり、次第に食い違いを見せてもいた。
警察の現場検証では、犯人とされる男の侵入の形跡が見られなかった。
しかも、凶器はその家にあった包丁だった。

2か月半の時が過ぎた。……警察は防犯カメラの映像などの解析も終えており、かつ、殺された則子さん周辺にトラブルらしきことがないこともわかっていた。
友人たち、近所の人々は口をそろえた、「他人に恨みを買うような人じゃありません」。
周囲にトラブルはなし……。唯一、家の中を例外とすれば、だったが。

事件から2か月半……、嫁の麻衣、31歳に、ついに逮捕状が執行され、拘留された。

事件データ…通報者は嫁だった!

■事件発生日時……2020年3月10日午後7時ごろ
■事件発生現場……静岡県長泉町下土狩の住宅
■事件内容……殺人事件

■第一通報者……諏訪部麻衣(同居していた義理の娘・長男の嫁)

■容疑者の名前・年齢……第一通報者に同じ・31歳
■同住所……事件現場に同じ
■同職業……無職

■逮捕容疑……殺人罪

■犯行の動機……現時点で不明。
※家の中でトラブルがなかったか、警察が調べています。

※容疑者のFacebookについて、同姓同名のアカウント、存在します。基本情報が空欄で本人のものと特定できません。記事の投稿もありません。写真も顔画像ではなくイメージ画像となっていますので、照合できません。Twitter、その他SNSでも本人のアカウントは特定できませんでした。

※顔画像については、いずれ公表される種類の事件ですので、その時点で追記します。

<追記>……21日21:14
顔画像について、テレビ静岡が「Instagramから」として公開しました。元のアカウントは確認できていません。一応のマナーとして一部モザイクをかけました。以下に貼り付けますので、ご覧ください。……容疑者、ほんとうにふつうの女性に見えます。

なお、諏訪部麻衣容疑者は職業・無職となっていますが、元の職場の画像が残っている可能性があります。目元、鼻などは一致と見ましたが、本人一致と特定までしかねます。その他の配慮事項もあり掲載はできませんでした。ご関心のある方は自己責任でお調べください。

義母と諏訪部容疑者のトラブルは確認できていません。義母は容疑者を周囲に「よい子」と自慢していたとの声も出てきました。容疑者は長男の嫁で昨年から同居になったようです。夫婦に子供はいないようで、義母と夫婦の3人で暮らしていたようです。……この事件、深いところ、ありますね。

顔画像……、確執についての調査……、敢えて新記事にしません。気が付いた方にご覧いただければと思います。

<事件現場周辺>

ネットの反応…嫁の気持ちわかるの声も

*うちの母親も祖母が生前中はとても苛められていて、私も祖母が大嫌いだった。亡くなってからも仏壇に花もお菓子も備えたくないと言っていた。ここまでさせたのも祖母。この方も色々な確執があったのでしょう。殺人はいけませんがね。

*姑(夫の母)を殺害したということかな?第一報を聞いた時から状況に「ん?」と思う部分はあったけれど、刺して殺害するだなんて、二人の間に一体何があったのだろう。

*母親を義理の娘が刺し殺すって一体この二人の間に何が有ったのかな。息子さんは、何も知らなかったの?

*子供いないみたいだし、別居とか離婚とかは選択できなかったのだろうか。

*やっぱりな。

*嫁姑問題の闇は深い。

*殺人は良くない。嫁が犯人だと誰もがおもっていたと思いますが、自分の我がままにより人を殺害するのはあまりにも許さない事。

*最初から通報した嫁が犯人だってみんな思ってたよ。