事件

名古屋市港区で立てこもり!包丁持ち、母親を人質!…ネット 武器はいかん武器は!の声。

ゆびきた通信です!

きょう5月20日午後、名古屋市港区のマンションの一室で起きた立てこもり事件が起きました!20代無職の男が包丁を持って、自分の母親を人質に立てこもりましたが、警察は午後5時20分頃に男の身柄を確保したとのことです!

人質にされた母親にけがはなかったようです。
それにしても、いったい何があったのでしょうか?
いったいどういうことだったのでしょうか?

事件の概要…父親とのトラブルから

この事件について、中京テレビ、TBS、NNNなどが報道しています。
事件現場のマンションの上空を取材ヘリが、ぶんぶん飛び交っていました。
報道からひとつお借りします。

【速報】マンション立てこもり 男の身柄確保 母親を無事保護 名古屋・港区
5/20(水) 17:33 中京テレビ

名古屋市港区のマンションの一室で起きた立てこもり事件で、警察は20日午後5時20分頃、包丁を持って立てこもっていた男の身柄を確保しました。

警察によりますと、20日午後2時10分頃、港区中川本町にある「宝マンション築地ウエスト参番館」の7階の一室で、「息子が包丁を持って家に立てこもっている」などと父親を名乗る男性から110番通報がありました。

警察が出動し、詳しい状況を確認していましたが、午後5時20分頃、包丁を持って立てこもっていた男の身柄を確保しました。

立てこもっていたのは通報者の息子で、当時、部屋の中には母親もいましたが……中略……、けがはないということです。

男は父親とトラブルになり包丁を持ち出したということで、警察が当時の状況を調べています。

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/844812a0337a6f6b86ce57425043ce7633b5bee4

まあ……結論から言って、人騒がせだ。
男が立てこもっている間、そのマンションの上空には取材ヘリがぶんぶん飛んで、事故でもおきやしないかと、不安になるほどだった。

マンションの周囲にはパトカーが集結し、人垣ができて騒然としていた。
ただ……、それを家族の間のトラブルなどと高をくくって、甘くとらえるわけにもいかなかった。

少し前、農水省の元次官、熊澤某の息子殺傷事件、最近では福島市で起きた息子による母親刺殺立てこもり事件……、けっこう過酷な事件がある。

今回、けがにんもなく事件が解決したのは幸いだった。
何がどう転ぶかわからない。

この家族……、息子はすでに成人しているとのことだが、誰かが手を貸さないとやっていけないかもしれない。
こんがらがってしまうと、それをほどくこと、家族であればなおさら、難しい。

ネットの声…人様に迷惑かけちゃいかん!

■どんな理由があっても武器はいかん武器は。よほどの事が有ったのだろうが、自己の欲求を満たす為に、人様に迷惑をかけちゃいかん。冷静になってもう一度納得がいくまで会話で解決して下さい。

■これから事情聴取で分かると思うが、一体何が原因で起きたんだろう。とにかく人質の母親も無事で良かったですが、子供に刃物を向けられるなんて本当に辛いと思う。

■コンビニ強盗でもそうだが、刃物や拳銃など殺傷能力の高い凶器を人に向ける事件が簡単に起きるようになってる。話し合う。という基本的なコミュニケーションが取れず、凶器を手にする人間が多くなった印象。コミュニケーションツールが発達して便利な世の中になる反面、こういった事件が増えてしまっている側面も無視してはいけない。

■だから、立てこもりというのは時間の問題だと言ったではないか。wしかし、親が無事であったことは本当によかったとおもう反面、日本にも親子の縁を切る法制度が欲しいと思ったね。当方も母や妹とは縁を切りたい。

ひとこと…けがしなくてよかったよ

けが人がでなくて幸いでした。
包丁……、危ないので良い子は使ってはいけません!
あと……、お母さんを困らせてもいけません!
もう、20歳、超えてるんでしょ!(;’∀’)