火事

【不審火】コロナ受け入れ・ホテル丸治に放火の疑い!嫌がらせ、愉快犯か?〈宇都宮市〉

ゆびきた通信です!

5日午後11時40分ごろ、宇都宮市泉町のホテル丸治の西側通路下から出火、廃材約0.25平方メートルを焼いたが――のニュース。従業員が気付き、消火器で消火。ホテル丸治は新型コロナウイルスに感染した軽症者の受け入れホテル。

では、さっそくまとめます。

現場の状況…従業員が消し止めた!

この火事について、共同通信が報道しました。

感染者受け入れホテルで廃材焼く 宇都宮、不審火の可能性も
5/6(水) 13:45 共同通信

5日午後11時40分ごろ、宇都宮市泉町、ホテル丸治の西側通路下から出火し、ベニヤ板などの廃材約0.25平方メートルを焼いた。現場は屋外で火の気がなく、宇都宮中央署は不審火の可能性が……中略……。

ホテルは新型コロナウイルスに感染した軽症者や無症状者の受け入れ施設。署によると、火事はホテルの従業員が気付き消火器で消した。けが人はいなかった。

引用 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200506-00000044-kyodonews-soci

通路下から出火???
屋外で火の気のないところで???
ベニヤ板などの廃材……を焼いた???

不審火、放火でしょ、それは、、と、直感的に思ってしまう。
そして、落ち着いて考えても、そうだと、思う。

誰かが火を点けたとして、動機は???

愉快犯?……すなわち、人や社会を恐慌におとしめて、その醜態や慌てふためく様子を陰から観察する・あるいは想像して喜ぶ行為、犯罪。

もし、コロナウイルス感染者受け入れへの嫌がらせのようなものとすれば、許しがたい。
人々がパニックになるさまを見ようとしての行為なら、やはり許しがたい。

事故の可能性は低いが、いちおうは不審火の疑いとなっている。
従業員が発見できなければ、大火災になっていたかもしれない。

不審火の概要…火の気のないとこで

■発生日時……2020年5月5日11時40分頃
■発生場所……栃木県宇都宮市泉町1−22 ホテル丸治(まるじ) ※西側通路下
■現場状況……同所・同ホテルの西側通路下から出火。ベニヤ板などの廃材約0.25平方メートルを焼く。従業員が発見、消火器で消し止める。
■出火原因……消防署にて調査中
■けが人情報……ありません。

<現場周辺地図>

ネットの声…放火なら情けない

放火だったら…… 情けない。

感染者に対する差別的な嫌がらせだとしたら許せない所業。そうでないことを祈りたい。

放火ですね。捕まったら、名前の公開が待ってるよ。

日本人も落ちたもんだ。

従業員が気づいて消してなかったら大事故、もしかすると大事件になってたぞ・・。とりあえず気づいた従業員グッジョブ。

社会に貢献している「感染者受け入れホテル」にあからさまな嫌がらせという事か?大通りに面する泉町と言う場所柄、防犯カメラも多く設置しているだろうし、犯人はそのうち捕まるだろうな。

放火だったら何という短絡的な犯行だろうか。犯人を必ず検挙しないといけない