コロナウイルス

岩手県にコロナの危機迫る?…陸前高田診療所の医師が感染!一関市宿泊!濃厚接触者は?PCR検査は?

ゆびきた通信です!

安部首相…、ついに全国に緊急事態宣言、出しましたね!
そんな中で、47都道府県、唯一、岩手県だけはコロナ感染者が出ていません。

でも、その岩手県にも危機が迫っているようです!
一関市に宿泊し、陸前高田市の診療所で診療した医師の感染が確認されたのです。
確認は岩手県からの移動後ですが、一関市、陸前高田市…、濃厚接触者はいるのでしょうか?

ささっと追いかけてみたいと思います!

あ、最初にお断りしますが、感染が判明した医師には罪も何もありません。
診療所やその他の関係者についても、まったく同様です。
医師を責める気持ちはこれっぽっちもありませんので、誤解のないよう、お読みください。

報道の概要

報道の…と言っても、なぜかきちんとした報道、すでにリンクが切れてしまっています。
まさか、報道機関が岩手県のコロナ感染を隠したいとの思惑…なあんて、あるわけないですよね?…でも、ちょっと謎めいています。ゆびきたの感じ方、ですが。

とりあえず、岩手日報に事後の記事が一つ残っていました。

感染の医師 一ノ関駅前で食事も【岩手】
4/17(金) 9:40配信 岩手日日新聞社

一関市の勝部修市長は16日、新型コロナウイルスに感染した宇都宮市の30代男性医師が一関市内のホテルに宿泊していたことについて「市民との接点はあったが、現時点では濃厚接触というところに至っていない」と明らかにした。市役所で報道陣の取材に答えた。

医師は新幹線でJR一ノ関駅に到着後、駅前の飲食店で食事を取っており、店内には店員を除き客は医師1人だったという。詳細調査中の県に対し、勝部市長は「今後も情報提供をお願いしたい」と話している。

県の情報などによると、医師は陸前高田市内の済生会陸前高田診療所で診察を行うため、今月9日午後10時ごろに新幹線で一ノ関駅に到着し、一関市内のホテルに宿泊。駅前の飲食店で夕飯を食べたが、場所は分からないという。……後略……。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200417-00010001-iwanichi-l03

はっきりしない記事です。

引用ですので、最後の3行、大人の事情でカットしましたが、冒頭の部分と同じことが書いてあるだけです。

医師は30代、男性。東京を含む関東方面から4月9日㈭午後10時頃に、新幹線で一ノ関駅に到着。
駅前の食堂で夕食をとったものの、遅い時間で店員は一人。
接触は限られていた…という主張のようです。
そして、医師はおそらく駅前のホテルに宿泊。
あくる日に陸前高田市に移動、同市の恩賜財団済生会陸前高田診療所で診察。
移動に利用した交通手段は、記事では不明です。
そのあとの宿泊場所、交通手段、滞在日数または時間などは記事では不明です。

これでは、ゆるですが、情報隠ぺいに近いレベルですね。
この記事以前にも同紙は報道していますが、現在、ネットでは削除されています。

岩手県のHPを見ることにします。
次のように公表されています。
陸前高田市のHPにも同様の内容が公表されています。

情報をまとめます。……こまかくソースを明記したいのですが、非常に記述に時間がかかってしまいますので、当サイトとして、限られた時間に最大の調査をしたこと、ご了解ください。以下、スピード重視で、だ、である調でしばらく進めます。

医師の所属先……恩賜財団済生会宇都宮病院(整形外科)

医師は『恩賜財団済生会宇都宮病院』所属の、30代男性。科目は整形外科。

陸前高田診療所のPCR検査……利用者93名は健康観察中

済生会宇都宮病院は4月15日に当該医師のPCR検査陽性の判定を以て、岩手県等に通知。陸前高田市において、接触者と見られた医療従事者11名についてPCR検査を実施、全員が陰性だったとしている。

さらに、その日同診療所を利用した93名については、健康観察を続けているとした。

医師の移動経路および宿泊先について

医師は勤務先の済生会宇都宮病院において整形外科を担当。
15日の陸前高田市の済生会陸前高田診療所は毎週金曜日が整形外科の診察日となっており、その日、医師は午前午後の診療を行い、宇都宮市に戻った。

帰路、確認は取れないが、時間から推理すれば、陸前高田市か、再び一関市に宿泊した可能性もある。

陸前高田診療所において注視すべきこと…利用者は?

問題として、一番重視すべきは陸前高田市にける外来患者の診察。
マスクをしていた…としても、それは最低限のことであって、整形外科でもあり、患者との接触は考えざるを得ない。…93名のうち、整形外科受診が何名か、が問題。

ただし、一方で医療関係者11名は陰性であるので、患者への感染は回避できた可能性もある。……まだ、わからないが。

一関市において注視すべきこと…宿泊先・交通手段は?

次に問題なのが、一関市での、医師の行動。
駅前食堂、宿泊ホテルでの感染…は考えざるを得ない。
残念ながら、報道でも行政からも情報として公開されていることはない。

続いて問題なのは、一ノ関駅から陸前高田市の診療所までの交通。
JRを利用しては、宮城県気仙沼市を経由することになり、2時間以上かかる。
通常は高速バスか車になる。…先生なので、迎えの車、タクシーなども考えられるが、情報で確認できることはない。
地理的に非常に不便なところだが、その中で、車が一番便利……とは推定できる。
その場合、運転手等の健康観察も必要になるが、情報で確認できることはない。
車でも一関―陸前高田は1時間半程度、要する。

なお、一ノ関駅周辺のホテルは複数あるが、駅から1~2分は下記。
ホテルサンルート一関
一関グリーンホテル
田中屋旅館
東横イン一ノ関駅前
そのほかにも複数ホテルがあり、公表されている情報では不明。

なお、帰路については推理できるだけの情報が公表されておらず、推理すらできない。

だ、である調、ここでおしまいです(-_-;)

ネットの声

感染者がいないのではなく、感染したと確認を先延ばししているだけのように思える。検査依頼しても忙しいと断られているなんて話も聞くし。
岩手には未だ報告がないとのことですが、噂が一人歩きしてるのも事実です。
家族や大切な人を守る為にも、不要不急の外出は控えてください。お願いします。
新幹線で同じ車両にいた方、一関駅の駅員さん、飲食店の店員さん、ホテルの従業員、わずかながら接触ある方、高田の患者さん 大丈夫ですか?
新幹線の同じ車両の方が、水沢江刺〜北上〜花巻盛岡〜青森・秋田まで広がった可能性は?
検査してこの扱い。では、検査してない、出来ていない人たちはどうなのか。なんか腑に落ちない。
うつる前に、迷惑になる前に、お医者さんも仕事おやすみすればいいかも?
もしこれでコロナを発症したら、岩手県内では子々孫々まで噂になりますね。意地でも岩手村からは患者は出さない!と言う、訳の分からない意地で凝り固まっている。必要なのは科学ですよ。

まとめ

新型コロナウイルス…、昨日、医師の方々とお話させていただく機会がありました。
日本全国、例外はないのではないか、非常に甘く考えている人が多すぎる、5月6日で収まるとは考えられない……などの意見が多数でした。

情報を注視し、気を付けて暮らしていきたいものですね。