事件

七尾市能登島で殺人事件!ネット、SNSで知り合った男女が自殺図り、男性生き残る。

ゆびきた通信です!

石川県七尾市能登島で殺人事件――のニュースです!
殺したのは男性、21歳。殺されたのは女性、25歳。
でも、この二人、ネットで知り合い、いっしょに死のうとした、ということのようです。

さっそく追いかけてみましょう!

事件の概要

事件について、石川テレビが報道しています。

「自分だけ生き残ってしまった…」車内で25歳女性殺害か 21歳男逮捕
ネットで出会ったと話す
4/13(月) 20:00配信石川テレビ

……前略……人の疑いで逮捕されたのは、羽咋市粟生町に住む無職の21歳の男です。

調べによりますと、男(21)は4月10日から11日までの間に、加賀市大聖寺の無職の女性(25)を殺害した疑いです。

4月11日、七尾市能登島で農作業中の男性が不審な車を発見。車内で男女がシートを倒して仰向けに横たわっていたということです。

女性はその場で死亡が確認され、男は命に別状はありませんでした。車内には練炭を燃やした跡があり、女性の死因は急性一酸化炭素中毒でした。

男は女性とネット上で知り合ったと話していて「一緒に自殺をしようと思ったが、自分だけ生き残ってしまった」という供述をしているということです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200413-00002210-ishikawa-l17

Twitter、Facebook、Tiktok、Instagram…と、いまはSNS時代。
SNSで人は出会い、SNSで交流し、SNSでビジネスもする。
結婚相手探しもパートナー探しも友人探しも、何でもSNSがつないでくれる。

けれども、ベタだが、そこにはやっぱり危うさが、ある。

人は悩む。生きる意味まで見失うことだって、ある。
人は迷う。どこへどのように歩いて行けばよいか、見えなくなることって、ある。
人は弱い。自分ひとりで生きる、なんてよほどの勇気の持ち主でないと、できない。

2人はネット上、SNSで知り合った。

そんな心の隙にふうぅと、滑り込んでくる闇の誘い…。
2人はそこに足を滑らせた。

「いっしょに死のう…」

※※※

発見されて、女性はその場で死亡が確認された。
男性は意識があった。命に別状はなかった。
車の中から練炭が発見され、女性は一酸化中毒と思われた。

男女のプロフィール

男性……氏名未公表。羽咋市粟生、無職、21歳。殺人罪の容疑者。
女性……氏名未公表。加賀市大聖寺、無職、25歳。死亡。

※2人の詳しい情報は、現時点ではネット上でも得られていません。

ネットの声

集団自殺のニュースを見る度に、座間の事件みたいに猥褻目的や金銭目的の可能性もあるのによく知らない人と同じ車に乗れるなと思うんだけど、もうここまできたら正常な判断能力失われてるんだろうな。

どちらもまだまだ若いのに。

これも自殺幇助とかやらで刑罰が軽くなるのか?明らかに殺人だろうが。

急性一酸化炭素中毒って痛みもないし眠るようにあの世に逝くらしいが体力によっては生き残ることもある

若い女性、最後に何かできなかったのかよ。遺族からしてみたら、悲しいな

まとめ

生き残った男性を非難する声、少なくないでしょう。
自殺、心中しようとした2人を非難する人も少なくないでしょう。
死のうとした2人、生き残った男性…、罪は罪としても、責めたいとまで思いません。
男性が罪を償い、ゆくゆく女性を弔って、ちゃんと生きていくこと、願いたいと思います。