事件

板倉正英、逮捕!滋賀県竜王町のひき逃げ事件!顔画像は?…コロナ禍に妹背の里でお花見?

ゆびきた通信です!

滋賀県竜王町の路上で男性がひき逃げされ死亡した事件で、容疑者逮捕!――のニュース!
被害者は死亡です、追いかけるしかないですね。

顔画像、職業、勤め先…、わかるでしょうか?
では、行ってみます。

事件の概要

事件の概要について、読売テレビが報道しています。

ひき逃げ61歳男性死亡・飲食店店員逮捕
4/7(火) 9:15配信 読売テレビ

滋賀県竜王町の路上で男性がひき逃げされ死亡した事件で、警察は甲賀市の飲食店店員、板倉正英容疑者(30)を逮捕。

事件は4日午後11時ごろ竜王町の県道で、近江八幡市に住む男性(61)が頭から血を流して倒れていて、搬送先の病院で死亡したもの。警察は防犯カメラの映像などからはねた車を特定した。

調べに対し、板倉容疑者は容疑を認めていて……攻略……。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200407-00000023-ytv-l25

ひき逃げ事件の発生は4日午後10時過ぎ。
現場は滋賀県竜王町の県道。住宅はまばらで左右は田畑。
被害者がなぜそこを、そんな時間に歩いていたのか、と思う。

そのあたりの詳しいこと、報道にはない。
が、現場の状況から推理できることはありそうだ。

はねられたのは佐山高広さん、61歳。住所は同県近江八幡市。
現場の竜王町と近江八幡市は隣接している。
だから、歩ける距離と言えば歩ける。

今、世の中、コロナウイルス一色で外出の自粛、イベントの自粛が行われている。
滋賀県もそうだと信じたい。…だが、現場近くには桜の名所があった。
そしてその日も、その時間まで、実はその桜の名所…ライトアップされていたのだという。

「妹背の里」…それが近くにある、桜の名所。800本の桜が、毎年、咲き誇る。
コロナの拡大、桜たちは知らないこと。今年も同じように咲き誇った。
そしてライトアップ…自粛されずに、そのくらいはとされていた。

それに浮かれる気持ち、どうしても抑えられない人も、それはいる。

はねられた佐高さん、桜を見に来ていたのではないか?
お酒…、時間が時間なだけに、からんでいたかもしれない。

容疑者の男、板倉正英。やはりお花見だったこと、疑う。

なぜ逃げた…?
飲酒が絡んでいれば、逃げたくなるかもしれない。

事故、事件の状況は警察が取り調べ中。
たとえば、容疑者の車に同乗者がいたかなど、詳しいこと、今の時点では明らかにされていない。

警察は現場付近の防犯カメラなどで車と容疑者を特定した。

桜の花に誘われた容疑者と被害者。……コロナウイルスを他人事に考えず、自重すればよかったのに。

※事件の描写は各種報道をもとに再構成しています。一部推理、推定を含みます。

事件当事者のプロフィールか

容疑者 板倉正英(いたくら・まさひで)30歳
住所 滋賀県甲賀市
職業 飲食店勤務(甲賀市)
逮捕容疑 ひき逃げ
(適用法令…危険運転致死傷罪・準危険運転致死傷罪など推定。未公表)

被害者 佐山高広さん(さたか・たかひろ)61歳
住所 滋賀県近江八幡市
職業 不明

現場 滋賀県竜王町 県道

※容疑者の顔画像ですが、同姓同名の方はおります。本人と異なると判断しました。報道にも公表はありません。勤め先については「甲賀市の飲食店」とありますが、店名は特定できておりません。

ネットの声

男>ひき逃げはしてはいけない事!許させるはずない!だけど、街灯もなさそうな道をもし黒い服着て横切ろうとしてたら避けられないかも…歩行者も夜道は気をつけながら歩かなければならないと思う。

女>土曜日の夜は周辺の地域では盛大にライトアップして夜桜見物が行われてましたよ…こんな大変な状況の中に空気読めない方々がいらっしゃるんですね。どうせ飲酒運転でしょう…亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

女>ひき逃げは飲酒運転か無免許運転。危険運転は小さな子どもたちが巻き込まれたら怖いです(>_<)

女>人をひいて逃げたら損だというような法改正急ぐべきだと思う。何か毎日ひき逃げあるもんね。

男>ひき逃げ犯が当然悪いが爺さんもそんな時間に徘徊するなよ。

まとめ

容疑者と被害者…、どちらも美しい桜の花にひかれて現場に来ました。
そしてその二人、それが出会ってはいけない形で出会ってしまったのです。
人生には思いもかけない出来事…幸福も不幸も、訪れることってあるのです。
とくに危険には敏感に、注意して生きていくしかありません。