コロナウイルス

悪質!日本ホールフーズ摘発!商品名は?コロナ対策に効果あるとサプリ・健康食品販売!

ゆびきた通信です!

新型コロナウイルスの予防に効果があるなどと、ウソの宣伝で未承認のサプリメントを販売したなどとして、健康食品販売会社が全国で初めて検挙された、とのニュース!
いやですね~~、こういう人の弱みに付け込むような商売。

さっそくこのニュース、追いかけます!!

事件の概要

NHK、ANN、NNN、読売新聞…など、各メディアが報道しました。
報道の内容は、たとえば次のようになります。

新型コロナ予防効果うたい検挙 全国初
3/31(火) 12:13配信 日テレNEWS24

新型コロナウイルスの予防効果をうたい、未承認のサプリメントの広告を掲載したなどとして、都内の健康食品販売会社が全国で初めて検挙されました。

書類送検されたのは、東京・千代田区の健康食品販売会社「日本ホールフーズ」と72歳の社長ら2人です。警視庁によりますと、日本ホールフーズは今年2月、未承認のサプリメントについて、「新型コロナウイルス対策」「ウイルスの増殖を抑制する」などとうたった広告を掲載するなどした疑いが持たれています。調べに対し、社長は「売り上げが伸びると思った」と容疑を認めています。

新型コロナウイルスへの効能をうたったサプリメントの検挙は全国で初めて…後略…。

人々に…、新型コロナウイルスの感染拡大、その恐怖、ハンパでない。

なにしろ、ひとたび感染すれば、治療薬がない。
だから入院出来て、隔離されても、治療は対処療法――つまり熱を下げる、呼吸を助ける、などしかできないのだという。
それで、患者自身の免疫力によって快復するのを待つ、ということなのだそうだ。

その「免疫力」に目を付けた会社があった。

もともとあった商品だったのだが、このときを逃すまいと、おおっぴらにコロナウイルスへの予防効果をうたい、ネットなどで販売した。

「新型コロナウイルス対策」「ウイルスの増殖を抑制する」…と。

こんな商売、野放しにされるはずがない。

検挙されたのは東京・千代田区の「日本ホールフーズ株式会社」。
社長の佐藤格と、販売責任者の佐藤裕の2名が逮捕され、書類送検された。

商品名…、報道画面の小瓶にはテープが貼られ、それが隠されている。
もちろん、報道に公表もない。
ただ「olive leaf」…とは読める。

それを1月から3月にかけて約160本、計約78万円を売り上げたという。

それにしても、オリーブオイルで新型コロナ、防げるのかな?

 

ムリじゃん。

日本ホールフーズ(株)とは?

会社名 日本ホールフーズ株式会社
所在地 東京都千代田区神田美土代町11-2 第一東英ビル2F

設立 1999年7月
資本金 1,000万円
代表取締役 佐藤 格(いたる)
主要輸入国 アメリカ・スペイン
事業内容 食品・健康食品の輸入、サプリメント開発、通信販売、卸売、コンサルティング

容疑 医薬品医療機器法違反(承認前医薬品の広告など)

まとめ

こんなことするヤツ、きっと、絶対に出てくる…と、思っていたら案の上。
たぶん関係機関、捜査機関が目を光らせていた中で、その網にまんまと引っかかってしまった面もあるのかもしれません。

もちろん、ダメはダメです。

でも、逮捕された社長、72歳とのことですが、なにかちょっと滑稽にも見えます。
ドジすぎる…なんて、不謹慎な感想でしょうか?

ゆびきた通信でした!