事件

上倉崇敬の顔画像・経歴!佐藤ゆかりの元公設秘書、窃盗で逮捕!イケメンだが超ド級のワル。過去に強盗致傷。

ゆびきた通信です!

元国会議員の公設秘書、上倉崇敬(かみくら・たかゆき)、45歳ら2人が、18日に5年前、兵庫県宝塚市の住宅に侵入し、現金約200万円などが入った金庫を盗んだ疑いで逮捕された、とのニュースです!

この男、すでに別件で逮捕されており、甘い風貌、イケメンとは裏腹にそうとうなワル、天性の詐欺師にして凶悪な人物のようです。

あまりにワル過ぎて、すぐに整理できないほどですが、経歴や周辺情報、秘書をしていた国会議員の情報なども合わせて、さっさっと皆様にお伝えしたいと思います。

では、行ってみます!(^_-)-☆

事件の概要

今回の逮捕は「再逮捕」です。
関西テレビ、サンケイ新聞などが報道しました。

元国会議員秘書を空き巣容疑で再逮捕 大阪府警

民家に侵入して現金約200万円が入った金庫を盗んだとして、大阪府警捜査1課は18日、窃盗と住居侵入の疑いで、元国会議員秘書の無職、上倉崇敬(たかゆき)容疑者(45)=住所不定=ら男2人を再逮捕した。…中略。

再逮捕容疑は、共謀して平成27年10月8日午後0時半~同9時半ごろ、兵庫県宝塚市の民家に無施錠の窓から侵入し、2階リビングにあった現金約200万円が入った金庫を盗んだとしている。

同課は1~2月、大阪府枚方市の民家に押し入って現金を奪ったとして、2人を強盗容疑などで逮捕。ほかにも被害が…後略。

引用 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200318-00000602-san-soci

最初、ニュースのリード「元国会議員の公設秘書が…」を見て、堕ちるところまで堕ちる人間がいるもンだ…と、思った。

国会議員の元公設秘書…。議員が任意に雇用し給料を支払う私設秘書ではない。身分は国が給料を支払う「国家公務員」。その公設秘書には政策秘書、第一秘書、第2秘書の3区分があり、国会議員は各1人、合計3人まで雇うことができる。

上倉はかつてその身分、二之湯智参院議員(京都選挙区)や佐藤ゆかり衆院議員(近畿比例ブロック)の元公設秘書だった。

しかし、読み進めていき、さらに他を調べてみると、この男、もともとイカれたヤツだったんだな、との思いに変わった。

この男、上倉崇敬(かみくら・たかゆき=45歳)の逮捕容疑は窃盗。
しかし、逮捕は再逮捕で他の事件ですでに逮捕され、起訴されていた。
その中で、3年前の今回の事件が浮かび上がった。

今回の、再逮捕の容疑は、2015年10月8日午後0時半~午後9時半ごろ、当時化粧品販売会社の代表取締役だった女性(72)が住む兵庫県宝塚市の3階建て住宅に侵入し、2階のリビングにあった金庫を盗んだ疑い。
金庫の中には現金約200万円があった。被害に遭った女性と上倉との間に面識はなかったという。ガチの窃盗犯だ。

しかし。さらに気になるのは既に起訴されている事件。あるいはほかの事件、余罪。――どんなものなのか?

関西テレビが伝える。

前略…2人は犯行の3日前にも別の住宅に押し入り金を奪った疑いで逮捕されているほか、上倉容疑者は秘書をしていた2010年、京都市で現金1億円を奪ったとして逮捕・起訴されています。…後略。

引用 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200319-01073904-kantelev-l27

10年も前の事件だが、この男には、1億円を強奪した犯罪の過去がある。
しかもその事件、公設秘書をしていた時期に引き起こしているのだ。

2010年9月29日、宅配業者を装って京都市左京区の男性宅に侵入し、男性の妻の両手を後ろ手に縛るなどして現金1億円を奪い、妻に軽傷を負わせたとして起訴された…というのが犯行の中身。マジ、ガチな強盗致傷罪。

いろいろさらに調べていくと、ややゴシップめくが、秘書時代、上倉は派手な生活をしていたようだ。…弩級のチャラさで、シャツのボタンを上から2つ外して、議員会館に出入りしていたとの話もある。

佐藤ゆかりの事務所には訳1年ほどいて、その間、佐藤議員に取り入った。なかなか周囲の意見を聞かない佐藤議員が、上倉にだけは甘かった…、つまりメロメロだったという。

周囲はみな眉を顰(ひそ)め、同僚議員も「佐藤ゆかりはなんでホストを秘書にしているんだ」と揶揄されていたりしたらしい。

イケメン、俳優のような甘いマスク、口のうまさ、派手ないでたち、会社を乗り回し、高級クラブや料亭に出入りし女を連れ歩く…、そんなこと、秘書の分際というと語弊があるが、出来ようはずがない。

だが、その派手な生活は、裏では議員相手にジゴロをし、そして凶悪な犯罪まで繰り返して、もたらされているものだった。

天誅を下すしかない。

※事件の描写は各種報道を元に再構成したものです。一部推定を含みます。
※顔画像はトップに貼りつけましたので、ご覧ください。経歴は上の文中をお読みください。

ネットの声

男>盗んだ金で楽に贅沢することを覚えているし、それが体に染み切っているので、
生涯、なんらかの形で、盗み奪うことは続けると思う。

男>こんな奴でも公設秘書なら給料は公費で負担。過去の秘書歴を調べて該当の議員にも採用の経緯を質すべきだろう。何かあると普通は思う。

女>国会議員秘書までした人が盗みに入るなんて落ちぶれるにも程があるね。この犯人に何があってこんな事になったんだろうなあ。スゲー気になる。

男>自民党の二之湯智議員や佐藤ゆかり議員の秘書だったと、ちゃんと報道しろよ。
なんか、都合の悪いことでもあるのか。

女>政治家自体ヤクザな家業だし、ダークな部分は使い捨ての私設秘書にさせてるだろうから、こんな輩がいてもべつに驚きません。

引用 https://news.yahoo.co.jp/

まとめ

国会議員の事件、スキャンダルも決して少なくはありませんが、その陰で秘書の事件もそれはあるでしょう。…でも、だいたいはケチな事件、みみっちい事件が多いような印象です。

ところが、コイツは少しレベルが違っていて、生粋の、生まれながらの犯罪者のように思えてきました。

人を騙すことに罪悪感がかけらもない、にこにこと人当たりがよく信用もさせる、ところが内部では他人の痛みなどまるで感じない、自分のものと他人のものの区別もつかない、女とカネは躊躇なく自分の懐に落とし込み、欲望のままに時間を過ごす…そんな、悪魔的な人間なのではないか…と。

社会の害悪のように感じるのですが、皆さま、どう思いますか?

ゆびきた通信でした!

追記 コイツ、過去にいろいろやってい過ぎて、今回、まとめきれなかったほどです。いやあ…こんなふざけた、そして凶悪な野郎、世の中にいたとは。。この記事、ひょっとすると先に行って全面的に書きなおすかもしれません。調べれば調べるほど、許せんね、と思ってしまいました。時間が出来れば、ほんと、書きなおしたいですね。コイツの犯罪、悪、暴くためにも。