殺人事件

<続報>浅野正のガチな経歴!くっきり顔画像!動機がわかってきた!准教授・犯罪心理学の専門家、妻を刺殺!

ゆびきた通信です!

埼玉地裁前での、大学准教授による妻刺殺事件!
容疑者は浅野正、51歳、被害者はその妻、浅野法代、53歳。
容疑者は犯罪心理学が専門の人気教授。妻もさいたま少年鑑別所職員。
どちらも犯罪心理に関係している専門家とあって、驚きの事件です!!

浅野正がなぜ、事件を起こしたか、その動機が次第に浮かび上がってきました!
浅野正のガチな経歴、くっきりとした顔画像と共に、事件の詳細について続報します!!

事件の概要<続報>

事件について、いろいろと報道が揃ってきました!!
続報のひとつは次のようです。

「物静かな」准教授がなぜ 「家庭のことで口論」との証言も さいたま女性刺殺

前略…(被害者の浅野法代さんは)殺人未遂容疑で16日に現行犯逮捕された文教大准教授、浅野正容疑者(51)の別居中の妻だった。浅野容疑者は犯罪心理学が専門で、2008年から埼玉犯罪被害者援助センターの理事も務めている。

県警によると、法代さんは16日午後6時過ぎ、県庁前の路上で左胸や脇腹付近を刺された。司法解剖の結果、心臓の大動脈損傷による失血死だった。

捜査関係者によると、浅野容疑者は自転車で外出した法代さんを後ろから押し倒し、馬乗りになって刺したとみられる。「刺したことは間違いない」と認める一方、動機は黙秘しているという。法代さんの家族が「2人は数年前から家庭のことで口論になっていた」という趣旨の話をしており、県警は詳しい経緯を調べる。…中略…。

記者会見した文教大の益田勉・人間科学部長は「温厚で物静かな性格。大変驚いている」と述べた。浅野容疑者は人間科学部臨床心理学科に所属。就任前は少年鑑別所や刑務所で12年間勤務した。

引用 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200317-00000083-mai-soci

現場の状況がわかってきた。

夕暮れどき、浦和駅近くの路上…、埼玉県庁をすぎて埼玉地裁にさしかかるあたり…、自転車で帰路を急ぐ女性に立ちはだかるように、男が現れた。

異様な雰囲気と、一瞬にしてわかり、凍る。それでもその男を振り切ろうとペダルを踏む。男の手が背後から自転車の後ろをつかみ、ばあんと押し倒した。

女性は、路上に投げ出されるように倒れた。「たすけ…」。

男の手に刃物が握られていた。恐怖…。「あぎゃーっ」。叫び声。
男は馬乗りになり、鬼の形相を見せて女性の胸に刃物を突き立てた。
2度、3度…複数回。女性の意識は一瞬にして遠のいた。

陽は落ちていたが、街路の灯りが路面を照らし、惨劇の血がどろりと広がった。

刺すとき、男が何か声を発していたかどうか、それは伝わっていない。
しかし、周囲には大勢の人だかりがすぐにでき、騒然となった。
怒声を放つもの、携帯で110番するもの、その場から逃げようと悲鳴を上げるもの…。

数分と経たず、パトカーの、そして救急車のけたたましいサイレンが近づいてきた。

※事件の場面は各種報道を元に再構成しています。一部推定を含みます。

犯行の動機は?

男、浅野正は文教大学人間科学部臨床心理学科の准教授。
人気の教授で、学生のなかには浅野がいるからと、その大学、その学科を志望してくるものもあったという。

浅野正と妻、2人の経歴には重なるところがある。
浅野は大学教授となる前、東京、千葉、川越、甲府などの少年鑑別所にも勤務していた。
刺殺された妻、法代は現職、さいたま少年鑑別所職員。それ以外の経歴は明らかになっていないが、どちらも少年犯罪にプロとしてかかわっていたことになる。

もしかすると、2人は同じ職場、もしくは同じ領域の専門家として知り合い、結婚したのかもしれない。

その2人…、夫婦として、同じ犯罪心理の同志として歩んできたはずだった…。
が、家族によれば、近年、2人の仲は悪かったのだという。

警察の調べに、浅野は犯行を認めているものの、動機については口をつぐんでいるという。
しかし、周囲は夫婦の仲たがいから別居に至り、最近も激しい口論があったのだという。
そして男はうっ憤を募らせ、凶行に及んだ。

それでもだ…。このようなことすれば、人生のすべてを一瞬にして失う。
そのくらいのこと、わからないはずがない。
それも、犯罪を職業として見てきた人間が、わからないはずがない。

その男が、妻を押し倒し、馬乗りになり、刃物で胸をざくざくと突き刺した。
強い殺意があったこと、否定のしようがない。

容疑者のくっきり顔画像と経歴

容疑者の鮮明な顔画像を貼りつけますので、参考にしてください。

容疑者は、普段は物静かだったとの話も伝わっています。
※画像はFNNのニュースから。元は大学提供と思われます。

浅野正容疑者及び被害者で妻の法代さんの経歴は前記事に掲載しましたが、この記事のみをご覧になっている方もいらっしゃるでしょうから、再掲します。

浅野正容疑者のプロフィール

容疑者 浅野正(あさの・ただし)
現住所 埼玉県越谷市  年齢 51歳
職 業 文教大学 人間科学部 臨床心理学科 准教授(犯罪心理学)

<主な経歴>一橋大学社会学部卒業、横浜国立大学教育学研究科修士課程修了、南イリノイ大学大学院(刑事司法)修士課程修了。東京少年鑑別所、千葉少年鑑別所の鑑別部門専門官、川越少年刑務所分類審議室調査専門官、甲府少年鑑別所鑑別部門統括専門官、千葉刑務所分類審議官統括矯正処遇官等を経て現職。所属学会は、日本ロールシャッハ学会、包括システムによる日本ロールシャッハ学会、日本心理臨床学会、日本犯罪心理学会、日本犯罪社会学会、日本うつ病学会、日本描画テスト・描画療法学会。著書として『子どものロールシャッハ法』(共著 金子書房 2005)、『臨床心理アセスメント・新訂版』(共著 丸善出版 2013)、『臨床心理学の基礎を学ぶ』(共著 文教大学出版事業部 2014)他、論文多数。
※『ロールシャッハ研究の方法と諸論点』金子書房 2018年7月刊行 John E. Exner,Jr. (原著), ジョン・E. エクスナー (著), 浅野 正 (翻訳)に記載の翻訳者経歴による。

※※※

被害者 浅野法代(あさの・のりよ)
現住所 埼玉県越谷市  年齢 53歳
職 業 さいたま少年鑑別所職員(国家公務員)

浅野正と浅野法代さんは夫婦(別居)。

ネットの反応(その2)

男>職歴・キャリア・人望からして申し分のない人が、何故こんな事を?精神科医が、心の病になる確率が高いと言われていますが、この人も犯罪心理学が専門との事。

女>状況からして、確信犯ですね。夫婦間で、何があったのか?奥様の冥福を祈ります。

女>夫婦仲悪い挙句に殺すって…自分のことしか考えられない夫だったことがわかる。殺すくらいなら、潔く離婚するべき。

男>温厚そうな人が一番何やらかすかわからん。しかしまぁ無職同士の年寄りの話かと思ったら、どちらも立派な職に就いてて何故かそっちに驚いた。

男>ミイラ研究家がミイラになってみてさらにミイラとは何かがより深くわかるようになっていく話。

女>いい論文がかけそうですね。これから何年もかけて。たくさんの犯罪者の知り合いもできますしね。

男>普段温厚な人ほど、ブチキレたり我慢の限界を越えたときは怖い。

引用 https://headlines.yahoo.co.jp/

まとめ

容疑者は動機について、いまはまだ、口をつぐんでいるとのことですが、夫婦間のトラブルからの犯行であることは確かそうです。
でも、それが殺人に至った、それも少年鑑別所や刑務所に勤務していた経歴を持つ、犯罪心理の専門家が引き起こしてしまったとは、やはりふつうには理解できないことです。

人間はみな弱く、誰しも、何かの弾みに開いた穴に転げ落ちてしまう恐れがあるのでしょうか。
そうしたことに出会わず、あるいはうまく避けて生きるということ出来れば、それだけでも十分に幸運なのかナ、と思いました。

ゆびきた通信でした!