殺人事件

浅野正の顔画像公開!経歴がハンパない!文教大学准教授、犯罪心理学の専門家が妻を刺殺!

ゆびきた通信です!

さいたま市浦和区の路上で、51歳の夫が53歳の妻を刺殺し逮捕――のニュース。
夫婦は別居中だったとのこと。夫は犯罪心理学を専門とする大学の准教授、
妻は少年鑑別所の職員で国家公務員。いったい夫婦の間に何があったのでしょう?

それにしても容疑者の浅野正の経歴は?…と調べてみるとハンパない!
一方、刺された妻、浅野法代さんはと言えば、さいたま少年鑑別所職員。
どちらも犯罪心理に係わる職業を持っていたのです。

このニュース、容疑者の顔画像、経歴と共にお伝えします!!

事件の概要

事件についてFNN、産経新聞などが報道しています。
報道内容は次のようになります。

刺され死亡した女性は鑑別所職員 逮捕の男は別居中の夫 埼玉

埼玉県庁前で女性が刃物で刺され死亡した事件で、県警は16日、女性がさいたま少年鑑別所の職員、浅野法代さん(53)と明らかにした。

殺人未遂容疑で逮捕された浅野正容疑者(51)とは夫婦で、別居中だったと家族が説明しているという。県警は容疑を殺人に切り替え、夫婦間のトラブルとみて動機などを調べる。

逮捕容疑は、法代さんの胸を刃物で刺して殺害しようとしたとしている。県警によると「刺したことは間違いない」と容疑を認めている。…以下省略。

引用 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200317-00000502-san-soci

3月も後半、だいぶ日は伸びてきたが、それでも夕方、午後6時となるとまだ暗い。
場所は埼玉県庁とさいたま地方裁判所とが隣り合う、その前の路上。
帰路を急ぐ人々が足早に行き来する時間だった。

「ぎゃーッ」

突然、女性の叫び声が。周囲は瞬く間に騒然となった。
倒れた女性、その脇に、凶器を手に立つ男性…、それにあわてて携帯で110番通報する人。
遠巻きに、その場所を囲む人たち…、すぐに警察のパトカー、警察官が男を取り囲んだ。

刺した男は浅野正、年齢51歳。現在の職業、大学准教授。
殺人未遂の容疑で、その場で現行犯逮捕された。

刺された女性は男の妻であることがわかった。
浅野法代さん、51歳。さいたま少年鑑別所職員。

法代さんは病院へはんそうされたが、そこで死亡が確認された。

何が2人にあったのか…。
越谷に自宅があり、引っ越して間もなかったとのこと。
男は文教大学に准教授として勤めており、職住接近だった。
しかし、2人は別居することになった。

大学准教授という、社会的にも評価の得られる立場。
それを顧みず、男は公衆の面前で妻を刺殺してしまった。
男、夫に強い殺意を抱かせたのはなぜか…。

男の専門は犯罪心理学が専門。
妻も少年鑑別所の職員で、2人とも犯罪に関わる心理学分野の専門家だった。
『皮肉』などという言葉では、とても片付かない。

※事件の描写は各種報道から再構成しました。一部推定を含みます。

浅野正と法代さんの顔画像・経歴

容疑者 浅野正(あさの・ただし)
現住所 埼玉県越谷市  年齢 51歳
職 業 文教大学 人間科学部 臨床心理学科 准教授(犯罪心理学)

<主な経歴>一橋大学社会学部卒業、横浜国立大学教育学研究科修士課程修了、南イリノイ大学大学院(刑事司法)修士課程修了。東京少年鑑別所、千葉少年鑑別所の鑑別部門専門官、川越少年刑務所分類審議室調査専門官、甲府少年鑑別所鑑別部門統括専門官、千葉刑務所分類審議官統括矯正処遇官等を経て現職。所属学会は、日本ロールシャッハ学会、包括システムによる日本ロールシャッハ学会、日本心理臨床学会、日本犯罪心理学会、日本犯罪社会学会、日本うつ病学会、日本描画テスト・描画療法学会。著書として『子どものロールシャッハ法』(共著 金子書房 2005)、『臨床心理アセスメント・新訂版』(共著 丸善出版 2013)、『臨床心理学の基礎を学ぶ』(共著 文教大学出版事業部 2014)他、論文多数。
※『ロールシャッハ研究の方法と諸論点』金子書房 2018年7月刊行 John E. Exner,Jr. (原著), ジョン・E. エクスナー (著), 浅野 正 (翻訳)に記載の翻訳者経歴による。

※Facebookは同姓同名多数であり、諸条件と合致し、本人のものと特定できるアカウントは確認できませんでした。顔画像については報道で逮捕時の映像からトップ画像他として切り取っておりますので、ご覧ください。

※※※

被害者 浅野法代(あさの・のりよ)
現住所 埼玉県越谷市  年齢 53歳
職 業 さいたま少年鑑別所職員(国家公務員)

浅野正と浅野法代さんは夫婦(別居)。

ネットの声

女>50も過ぎて、互いにエリートなのに、そこまでやらんでも、違う解決があったんちゃうの?はよ離婚したら、よかったと思うわ。別居する時点で、もとのサヤに戻るのは至難の技。別れたい女vs別れたくない男 の悲劇の結末ですね。ここで学ぶべきことは「別れたい人間と一緒にいても何も得ることはない。」ということです。

男>人間は感情に支配される動物であり、心理学的知識や思考方法は役に立たないと実証してしまったな。心理学とは机上の詭弁であり、実践的解決法としては使えない。

男>非行や犯罪の発生のメカニズムを心理学的に探求している大学准教授みたいですね。
犯罪心理学会や犯罪社会学会などに所属してる研究者みたいですが、自分の犯罪を止められなかった。なんとも皮肉な結果だ。

女>被害者には夫意外にも家族がいると思う。心からお悔やみ申し上げます。

男>何も殺さなくてもと思うけど、夫婦でしか分からないね。

女>とても平和な場所だと思ってました。奥さんの職場の近くですね。コロナも怖いけど、人の心も怖い。今回のコロナが起こり、人の心や世界の在り方が、社会の姿が悪い方に進んでいることが明らかになったように思います。

引用 https://news.yahoo.co.jp/

まとめ

男女間の、夫婦間のトラブルからの事件…と言えば、世の中でよく聞こえてくるニュースではあるのですが、容疑者が犯罪心理学の専門家だったということに驚きました。
まさか、犯罪心理学の研究を、身を持ってした、などということではないでしょう。心理学の研究者といえども、暴走し出すと、自分の心に歯止めはかけられないということなのでしょうか。
被害者のご冥福をお祈りしたいと思います。

ゆびきた通信でした。