サイバー犯罪

猪谷祐希の顔画像を特定!!和歌山県立病院勤務の裏で巨大児童ポルノサイト運営。真面目そうな顔してるのにねえ…。

ゆびきた通信です!

和歌山県立病院の職員の男が、実はダークウェブ上の、大規模な児童ポルノサイトの管理者だった!…という驚きのニュースが飛び込んできました。

その男は和歌山県立病院の職員、猪谷祐希、32歳。
16日に大阪府警によって逮捕されました。

さっそく、この事件を追います!!!

事件概要

事件は関西テレビ、朝日デジタルなどが報道しています。
報道内容は次のようになります。

『大規模な児童ポルノサイト』運営か…県立病院の32歳職員を逮捕

16ヵ国語対応、年間5千万回閲覧される大規模サイト…中略…子どものわいせつな映像などを掲載した疑いで、和歌山県立病院の職員の男が逮捕されました。

児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕されたのは、和歌山県立病院の職員・猪谷祐希容疑者(32)です。

猪谷容疑者は去年8月、匿名化ソフトを使用しなければ見ることができないいわゆる「ダークウェブ」上のサイトで、児童のわいせつな映像などを閲覧できるURLを掲載した疑いがもたれています。

警察によると、このサイトは16ヵ国語に対応し、1年間で5千万回閲覧される大規模サイトで、猪谷容疑者は日本語版の管理者をしていたということです。

調べに対し、猪谷容疑者は容疑を認めています。

引用 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200316-15461901-kantelev-l27

大人しそうな顔つきの青年…。そして職業は社会への貢献度を、誰しもが疑わない県立病院の職員、公務員。診療情報管理士という、医療分野におけるITのプロ。

その男には裏の顔があった。

世界、16か国語に対応するそのサイト、違法な児童ポルノサイトの日本語版管理責任者だったのだという。
そのサイト、普通には見ることなど出来ない。
いわゆるダークウェブ上に存在する。
年間5000万回も閲覧される、巨大なサイトだ。

ダークウェブ…、ダークウェブとは通常の方法ではアクセスできないサイトの総称で、そこでは非合法な情報やマルウェア、麻薬などが取引され、犯罪の温床になっているとも指摘される。閲覧するには匿名化ソフトを駆使するなど、特殊な方法が必要ともされる。

男、猪谷祐希の逮捕容疑は昨年8月、「Tor(トーア)」と呼ばれる匿名化ソフトでのみアクセスできるダークウェブ上に開設された児童ポルノサイトに、女児のわいせつ画像3点と動画1点を投稿して不特定多数の人が閲覧できる状態にした疑いとのこと(朝日デジタルによる)。

この児童ポルノサイト、会員登録すれば、日本や海外の児童ポルノ画像・動画が無料でダウンロードでき、世界中の愛好者が投稿やダウンロードを繰り返しているという。

事件は大阪府警のサイバーパトロールで発覚したものだった。
猪谷容疑者は容疑を認めているという。

※事件の状況・描写は各種報道及び独自の情報収集により再構成したものです。

これが猪谷の顔画像!Facebook特定

猪谷祐希の顔画像について、Facebookが閲覧可能でした。
本人の経歴などを照合し、謹んで特定させていただきますm(_ _)m

真面目そうな顔してるのにね。。。

引用 https://www.facebook.com/profile.php?id=100013921622671&lst=100047873200392%3A100013921622671%3A1584342477&sk=timeline

猪谷祐希のプロフィール

容疑者名 猪谷祐希(いのたに・ゆうき 年齢 32歳)

出身地 大阪府

現住所 和歌山市在住

出身校 大阪医療技術学園専門学校

勤務先 海南医療センター(〒642-0002 和歌山県海南市日方1522番地1)
    ※診療情報管理士として勤務(公務員)

海南医療センター

まとめ

真面目そうな好青年に、裏の顔!しかも職業は、将来にわたる安定度で人気の公務員。非常な驚きですね。…本人もさぞや後悔していることでしょう。お父さん、お母さんのお嘆きも察せられますね。…自慢の息子が。…ご家族がかわいそう。

ゆびきた通信でした。